Akiのロードバイク練習日記

2017年9月ロードバイク始めました。2018年6月、人生初落車で右前腕の神経と筋肉を断裂。しばらくリハビリ日記。

初ロードレース参戦予定と試走

先週は夜勤に加えて長時間残業の一週間となり、昼間に眠る以外は何もできませんでした。
日本企業に勤める会社員としては残業時間をコントロールしやすい環境に居ると感じていますが、時折このような勤務があります。
自転車のパフォーマンスの前に健康を害さないように注意が必要ですが、予想外の良い影響もありました。

自分は同じリズムで同じことを継続するのは向いていますが、慣れたリズムから外れるとパフォーマンスが落ちやすいです。
これは多分ロードバイクの脚質も同じです。
そういえば、スポーツ遺伝子検査では全ての項目が持久タイプでした。
これは、小学生の時、徒競走や球技が全くダメだったのも仕方がないと思える結果です。

4日間の夜勤、残業、コンビニ飯生活で、体力・精神力ともに散々な状態になりました。
夜勤明け5時間ほど睡眠をとって、土曜日に一人でロングライド。
辛いので平坦区間はパワー200W程で巡行。

冬の間通行止めになっていた道が解放されていました。
1分ほどの登りを全区間スタンディングで踏んでみました。
結果は1分540W。
ひどい体調でしたが、筋肉が完全にフレッシュになっていたため1分の最大出力を大きく更新しました。
私の場合、短時間の出力には筋肉の疲労の影響が大きく現われるようです。
このことから言える教訓は、短時間最大の負荷をかけたい場合はしっかりと筋肉を休めておくというところでしょうか。
オフ明けの練習ではチャンスと思って高出力を取り入れようと思います。

初ロードレース参戦予定と試走

この日の目的は始めて参加予定のロードレースのコースの試走でした。
新潟県弥彦村が主催するロードレース大会「新潟県自転車競技選手権」のビギナークラスに参加を考えています。
募集前ですが、5月の最終週の予想です。
初めてのロードレースですが、安全に走り切って入賞することが目標です。

ビギナークラスのコースは7キロを3周回。
スタート・ゴール地点は1分ほどの登りの頂上にあり、途中に2分ほどの登りがあります。
登りと登りの間は直線の平坦区間となります。

スプリントの自信はありませんが、登りゴールが救いです。
自分の脚質で上位を狙うためには、登りでロングスプリントを狙うか、最終周の2分の登りから独走するか、でしょうか。
1分・2分のパワーを鍛えるインターバル練習、5分くらいの独走の後にパワーを上げる練習を入れていきたいです。

最大の不安は下りです。
仮に調子良く登坂できたとしても下りで追いつかれる・引き離される可能性が高い気がしますし、それ以前に落車が心配なレベルだと認識しています。
集団でのコーナーリングやダウンヒルを練習できると良いのですが、どうしたものでしょうか。。。
少なくとも後何度か試走して慣れておく必要があるでしょう。

脚質的にもっと距離が長いレースの方が嬉しかったです。
普段慣れ親しんでいるZwiftレースと時間・地形がよく似ている点だけは有利です(笑)

登りはパワー計測、最終周の平坦は独走のイメージ、他は流しで3周しました。

弥彦から燕三条に回り、無性に食べたくなった背油ラーメンを食べて帰宅しました。
f:id:Aki647:20180327211346j:plain
ラーメンは必ずチャーシュー麺を頼みます。
豚と鳥のチャーシューが食べ応えがあり美味しかったです。

「最強のホビーレーサーが教える」買いました。
井上亮さんが大学時代のボートの話をされています。

大学での自分自身のボート生活を思い起こし、無意識に広背筋の張りを活かしてオールを漕ぐ動作をしていました。
私はボート競技の中で「身体を上手く使ってパフォーマンスを上げること」の面白さに出会ったのだと思います。
現在私が自転車にハマっている理由も、身体を鍛え、身体を上手く使えるようになる過程が楽しくて、その適性が自分にはあると感じているからだと思います。

「最強のホビーレーサーが教える」で井上亮さんが言及している「ローイングエルゴメーター」のことにも少し触れています。
井上亮さん、私の大学4年生時のボート競技の出力比較(苦笑)
aki647.hatenablog.com

ランキング参加しています。
よろしければ応援クリックお願いします。
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村