Akiのロードバイク練習日記

2017年9月ロードバイク始めました。2018年6月、人生初落車で右前腕の神経と筋肉を断裂。しばらくリハビリ日記。

「新潟ヒルクライム」コース解禁、FTP更新

「新潟ヒルクライム」のコースである弥彦スカイラインの「だいろ」側が、昨日4月27日をもって通行可能になりました。
ちなみに「だいろ」とは、弥彦スカイライン間瀬方面のつづら折り~山頂までを呼ぶ名前で、同名でStravaにも登録されています。
今調べてみたところ、新潟の方言で「かたつむり」を指す言葉でした。
平均斜度が8.1%と厳しい坂であることから呼ばれた名前かも知れません。

5月まで通行止めの予定だったことと私自身が帰省するため、上れるのはGW明けになるだろうと思っていました。
嬉しいニュースを聞き、早速、朝一で上ってきました。
STRAVAで情報をアップしてくださる皆さん、ありがとうございます。
f:id:Aki647:20180428191040j:plain

結果比較

弥彦スカイラインのだいろ側を上るのは昨年の新潟ヒルクライム以来8ヶ月ぶりとなります。
せっかくなので数値を比較してみます。
レース時にはパワーメーターを使っていなかったため、ワット数はStrava推定値です。

  • 2015~ 新潟ヒルクライム(7.5㎞、508m、6.7%)
    • レース(2017/9/3)33:42 225W
    • 今日(2018/4/28)27:46 283W

  • だいろ(5.3km、431m、8.1%)
    • レース(2017/9/3)26:11 226W
    • 今日(2018/4/28)21:16 290W

新潟ヒルクライム区間では、8ヶ月で58Wのパワーが向上していました。
30分の記録なので、FTPの伸びはこれよりやや小さい値ということになりそうです。

26%のパワー向上に対して、タイムは18%短くなっています。
パワー向上に対してタイム短縮が小さいのは、風向き、ドラフティングの有無、速度増加による空気抵抗の増大、パワー推定の誤差などが原因でしょう。
昨年のレースではほぼ一定の出力で走っているのに対して、今日は斜度が激しい「だいろ」で強く踏んでおり、これはタイムを短縮する方向に働くはずです。
また、バイクはそのまま、体重は少し減少、ヘルメットやジャージは軽量、エアロになっているはずです。
今後も色々と試して速い上り方を追求していきたいところです。

FTP更新

この後、5月末出場予定の新潟県選手権のコースで軽くタイム計測を行い帰宅。
11:52 AP268W NP290W
途中で工事をしており、バイクを担いでホースをまたぐというシケインが。笑

帰宅後、Training Peaksの通知でFTPを更新していることに気付きました。
「だいろ」区間で20分290Wを出しており、FTP276Wとなりました。
先週まで仕事で昼夜逆転していたのに加え、今週は回復日を取らずにZwiftレースに参加などしていたにも関わらず、予想外に嬉しい結果です。
やはりローラー台より実走の方がパワーが出るということでしょうね。実走なら無茶苦茶にもがいても転倒しません。
トイレを借りるためにコンビニに寄り、コーヒーを飲んだ効果もあるかもしれません。
チャレンジングですが、コンディションを整えられれば20分300W(FTP285W)に挑戦してみようかなと思います。

思った以上の力を出していたようです。
弥彦山からの帰りは初めてハンガーノック気味になりました。
弥彦山を下山した時間はまだ開店前でパンダ焼きを買えなかったのが原因です。笑
f:id:Aki647:20180428191104j:plain
パンダ焼きは9時からでした。

下山後、麓の弥彦神社
弥彦信仰の地域は明治以降の国産石油の産出地と重なっており、現代の石油開発会社も海外プロジェクトの前には参拝に来るとか。
f:id:Aki647:20180428191432j:plain
f:id:Aki647:20180428191436j:plain

今晩は良く休んで明日朝に最後のローラーを回し、道中で友人に会いつつ帰省の予定です。