Akiのロードバイク練習日記

2017年9月ロードバイク始めました。理系会社員のコツコツなトレーニング日記。

帰省ライド、昨年度パワー比較

実家に帰省して3日目です。
例によって遠出はせず、トレーニングと実家の家事、知人と少し会う位の予定が落ち着きます。
実家の周りは交通量が少ない峠が多く、ロードバイクのトレーニングに本当にうってつけと感じます。

メインのヒルクライムコース、御斎峠ヒルクライムTTの入り口。
f:id:Aki647:20180503175048j:plain

少し遠出して入った林道。途中で倒木撤去中でしたが何とか通れました。
f:id:Aki647:20180503175413j:plain

過去記録との比較

昨年の8月、12月に帰省した時にもロードバイクを持ち帰っていました。
それぞれ帰省した時期のStravaベスト記録を取り出してみました。

  • 御斎峠ヒルクライムTT
    • 22:22 287W(今回、Pioneer ペダリングモニター)
    • 25:57 239W(昨年12月、Watteam PowerBeat)
    • 32:27 186W(昨年8月、Strava 推定値)

昨年8月は、新潟ヒルクライムにエントリーしてロードバイクのトレーニングを始めたばかりの頃です。
ぎりぎりで足を着かずに登り切り、レースに向けて何となく自信をつけた記憶があります。笑

夏から年末にかけて6分30秒、年末から春にかけて3分30秒を短縮しました。
昨年8月~昨年12月は基本的に週末練習のみ、今年1月~今年4月は平日もローラー台を回しました。
今年に入ってからの方がはるかにトレーニング強度は高いはずですが、やはりタイムの伸びは鈍化しています。

Stravaで3位に入るためには更に2分、KOMには4分30秒の短縮が必要になります。
ざっくりとした計算では、2分の短縮のためにはパワーを10%アップさせるか、体重を10%減らすことが必要で、4分の短縮のためには両方が必要という位でしょうか。
長期出張の予定があり、次の帰省は年末になりそうです。次に帰省した時には1分くらい短縮できているといいですね。
今回計測は22分間287W、前回の弥彦山でのFTP更新時とほぼ同じパワーが出ていました。
20分間300Wに乗せれば、同じ体重でも1分の短縮が見えてくると思います。

Strava順位は10/161。

短い登りを含む下り区間です。
実走よりZwift世界を走った時間の方が普通に長いバーチャル自転車乗りです。
それでも雪が解けてから下りやコーナーリングを意識して練習してきた成果が出始めていると思います。
重心を傾けて曲がる感覚を掴み始めて以来、以前より速いスピードでも遥かに余裕をもって曲がれるようになってきました。
リラックスして肩、肘、踵を下げることを意識しています。カーブ付近の路面が悪いと力んでしまうのが課題です。
昨年12月から伸びしろが最も大きいと感じており、嬉しいところです。

限界まで攻める区間でもありませんから、全部のコーナーを確実に処理できるように練習していきたいところです。
何度走っても区間名をガンダムからとっている由来は不明でした。。。

順位は16/510。

  • R422信楽~京大MU
    • 7:08 285W
    • 7:55 234W
    • 10:44 141W

緩い登りの平坦区間です。
何もない平坦なので、気合が入らず踏めません。
今回、順風の予報で頑張ってみましたが、実際には横風の方が強い印象でした。
順位は30/808。

  • 国道422号線 Climb
    • 4:19 326W
    • 4:52 299W
    • 7:13 178W

登りと平坦がある短い区間です。
平坦のスピードを殺さないように短い登りをスタンディングで登るのは好きで、得意だと感じています。
自分自身の体格(空気抵抗)、体重、出力のバランスが良いところなのでしょうか。

5分間は330W以上のベスト記録があるので、もう少しパワーを出したいところです。
FTPに比べてVO2MAXは頭打ちになりやすいということですが、FTPの伸びしろを確保するためにもここは鍛えたい部分。
5分間350Wを出せるようにトレーニングしていきたいと思っています。(VO2MAXの90%までFTPを伸ばせるとするとFTP上限315W)
脚の疲労を抜いて循環系を追い込めるように、メリハリの利いた計画が必要になりそうです。

順位はKOM/209。

駅と駅の間の平坦区間です。
短い平坦区間もStrava順位が高くなりやすいです。
適性がある気がしますが、単に他の人がタイムアタックしないだけというのが正解でしょうか。

成長点として、下ハンの最前部を持ち頭を下げたエアロポジションでもパワーを維持できるようになってきました。
これまでは短い区間はスタンディングの方が明らかに良いパワーが出たのですが。
ハンドルにはiPhone7plus、パイオニアサイコン、ガーミンサイコンを全部乗せているので、ハンドルトップに肘を置いたエアロポジションは練習できていません。汗

順位はKOM/148。

買い物など

話は変わりますが、初のロードレースに向けて散財しております。

  • SUNVOLT セパレートワンピース
  • MAVIC COSMIC PRO CARBON SL UST
  • SHIMANO SHOES RC7(SH-RC700)

買ってしまいました。

セパレートワンピースはこの連休中に新型のメッシュワンピースが出ているので、在庫の補充を待って買い足したいです。ほぼ全サイズ売り切れており、5月下旬に再入荷とのことです。

ホイールは配達待ちです。完成車から交換した最初のホイールがチューブレス対応のUltegra6800だったこともあり、次はエアロなチューブレスにしたいと思っていました。快適性にはフレーム、ホイール、タイヤなどが影響しますが、実際にはタイヤ圧でほぼ決まると思っています。チューブレスなら同じ転がり抵抗でタイヤ圧をかなり低くできます。
IRCタイヤであればシーラント無しでも使用可能らしいと聞き、マビックのコスミックプロカーボンUSTを選びました。
ROVAL 50 CLと悩みましたが、マヴィックの方がチューブレスに力を入れているらしいことと、スイスの通販サイトベラチスポーツ(
https://www.bellatisport.com/
)で送料込み15万円で購入できたことが決定要因でした。

RC7はスペック上上位種と重量差が無く、足にフィットして十分に硬いことが確認できたので購入しました。サイズは41(25.8)で、スニーカーよりハーフサイズ小さめです。これまでSHIMANOシューズの41Eというワイドタイプを履いていましたが、ベルクロを締めても指の周りが少し遊んでいました。コストパフォーマンスはかなり高いと思います。

帰省から戻ればレースまでにホイールも届く見込みです。
機材でモチベーションアップしつつ、残る連休を有効活用したいところです!