Akiのロードバイク練習日記

2017年9月ロードバイク始めました。2018年6月、人生初落車で右前腕の神経と筋肉を断裂。しばらくリハビリ日記。

陵丘練96 km、5分346W、漫画談義「漫画家再入門」、そして「大作に挑戦しないこと」

先週とは別の実業団チームの陵丘練習に参加させてもらいました。

  • 距離 96 km
  • 獲得高度 710 m
  • 平均速度 31.3 km/h
  • NP  233 W
  • TSS 220

6つの2分~8分程度の丘を超えるコース。最大酸素摂取量強度のトレーニングが目的です。

帰宅後に確認すると、ストラバのKOMは取れなかったものの数秒差の区間がいくつかありました。
パワーも5分346Wと悪くない数字が出ていました。
前日、Zwiftレース登り区間の10分290W程度がとても辛くて不安でしたが、やはり実走の方が楽にパワーが出ます。
色々な刺激を与えるという意味で固定ローラーは効果的なのか、それとも単純にパワーが出やすい実走の方が効果が高いのか難しいところです。
とは言え、近所にちょうどよい坂が無いため、どうしても平日は時間効率が良い固定ローラーになってしまうのですが。

練習後は、朝7時からオープンしているパン屋さんの屋外イートイン。

f:id:Aki647:20180624141603j:plain


ここから話が変わりますが、最近キンドルに本を積んでしまっています。自転車本、新書、漫画など。
自転車本は西薗良太選手のブログで洋書が推薦されていて何冊か購入しましたが、やはり中々進みません。

私は漫画が好きです。好きな漫画家を3人挙げるならば、新井英樹山口貴由島本和彦です。
それとは別に、連載中のタイトルで楽しみにしているのは、喧嘩稼業、イノサンゴールデンカムイなど。

自転車に興味を持ったのもスピリッツで連載されていた「かもめ☆チャンス」がきっかけでした。好きなキャラクターは小菅です。
最近は自転車トレーニングの時間を優先しているため、雑誌で漫画を読むことは殆どなくなってしまったのですが。

漫画の中でも、マンガ家漫画が特に好きです。
まんが道無能の人僕の小規模な失敗アオイホノオなど。
特別な生活をしている人たちに対する興味と憧れがあり、そのような人たちの世界を知りたい、入ってみたいという思いがあります。
強豪ホビーレーサーに対する感情も近いものがあるのかも知れません。自分自身のレースの勝敗より、このようなモチベーションのほうが高いと思います。
今も全日本ロードのツイッター実況を見ながら書いています。高岡さん、井上さん達が勝ち逃げになりそうな先頭集団に。
追記:井上さん8位、高岡さん11位。

さて、最近キンドルで買った漫画の中で面白かったタイトルが漫画家再入門です。
ギャグ漫画家の中川いさみ先生が「ストーリー漫画家に再入門」するために著名なストーリー漫画家をインタビューする内容で、私の好みにぴったりです。

2巻掲載の東村山アキ子先生の回が一番印象に残りました。
ヒット作を量産している東村山アキ子先生ですが、非常に合理的な方のようです。
ネームの作り方は「ダヴィンチの特集にのってるのをイメージ」して「決め」のシーンから逆算する。
お金のない時からアシスタントを使い、勝手にうまく回る仕組みを作る。など。

そして、新人賞の審査を長くしていた経験から、
「あと壮大な話を書いてくる若い子」
「つまんないんですよ新人の子が描く壮大な話」
「読んでてヒマ!」
「だから30ページの話を作ってのってきたら四季の花見やクリスマスの話をやって」
「結果として壮大な話になっていけばいいんですよ」

これはゲーテも同じことを言ってます。笑
「大作に挑戦しないようにしたまえ」
私のブログの初めての投稿のタイトルです。笑

aki647.hatenablog.com

久しぶりに読み返しましたが、当時はFTP230Wだったようです。懐かしい。

「大作に挑戦しないようにしたまえ」は、創作活動だけではなく、趣味も仕事も同じことがあたると思います。
初心を忘れず、自転車もブログも「大作に挑戦しない」ことを心がけ、楽しく頑張っていきます。

レオナルド・ダ・ヴィンチも未完成の作品が多かったらしいです。この本も積んでますが、多分死ぬまで読めない気がします。