Akiのロードバイク練習日記

2017年9月ロードバイク始めました。2018年6月、人生初落車で右前腕の神経と筋肉を断裂。しばらくリハビリ日記。

初めての落車、初入院、初手術、事故の原因は

更新が滞っていました。

先週末、落車にて右腕に大きい怪我を負ってしまい、病室から左手で更新しています。
リスクのあるスポーツとは認識していたつもりでしたが、初めての落車でここまで大きい自体になってしまい、動揺しています。

f:id:Aki647:20180707111135j:plain

先週土曜日の早朝、下りのコーナーでスリップし、ガードレールを乗り越えるように転倒しました。
前転でガードレールを乗り越えた際に、右前腕をガードレールで切り裂くような形になってしまいました。

今週の火曜日に手術を受け、来週火曜日の退院を待っています。

事故の結果、右腕を挫傷し、神経と筋肉を数本断裂してしまいました。
診断としては、
右腕橈骨神経断裂、右橈側手根屈筋断裂、前腕挫創
となります。
幸い、生命に関わるような損傷はなく、縫合手術後の経過も問題ありません。
一方で、右腕の傷から親指と人差指の手の甲側にかけて感覚を失っています。今後の神経の回復次第ではありますが、痺れは残ってしまうと思われます。
入院10日、ギブス3週間、力仕事が出来るまで3ヶ月の見込みです。

家族、職場からは回復に専念できるようにとサポートしてもらえており、とても感謝しています。
自転車関係の皆さんからも、お見舞いやメールを沢山頂き、たいへん励まされています。
また、事故現場で救急車を呼び、対応していただいた皆さんのおかげで、パニックにならずに措置を受けることができました。

単独事故であったこと、命を失わなかったことは、不幸中の幸いだったと考えています。
ギブスが外れる3週間後にローラー台を再開し、腕の回復を見ながら秋ごろ実走に復帰することが目標です。

自分はこれまで落車も、立ちごけも経験なく、安全に走れていると考えていました。
ただし、今振り返れば、運が良かっただけで危ない場面は何度も有りました。
そして、初めての落車でここまでの自体になってしまうとは想像できていませんでした。

当日のスリップも、今になって思えば、起こるべくして起こった事故だと思えます。
基本的にローラー台や単独走で練習してきた自分にとって「自分よりも早い人達と練習する」という慣れない状況の中、自分のテクニックの安全マージンを超える走行をしていました。
路面が濡れていた、転倒した方向にガードレールがあったというのは結果です。

どの程度後遺症が残るか分からない不安があり、かなり高い勉強料になってしまったと思う半面、この程度で済んでよかったとも思っています。
一度自転車から離れて、回復に専念したいと思います。
この記事を書いて、左手だけでもある程度キーボードが打てることがわかり、少しホッとしています。笑

気を付けているつもりでも事故は起こりますし、初めての事故が取り返しのつかない自体になりうると痛感しました。
梅雨の中、濡れた路面が多くなっていると思います。みなさんもお気をつけて下さい。

戻ってこれたら、またローラー台で鍛え直します。